オフィス以外でも翻訳会社のビジネスが可能

翻訳の仕事に就く人は翻訳会社に就職しなければならない、こうしたイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

そもそも翻訳ビジネスにはジャンルがあり、ビジネスの中でもその範囲は多方面にわたるものです。例えば、医療・法律・建築・電気・機械、などのジャンルがある場合、いずれか一つでも精通しているものがあれば翻訳者になることができるチャンスを貰うことも可能です。翻訳会社のオフィス内には、いずれかのジャンルに精通しているスタッフが在籍していても、1つもしくは2つなどのジャンルしか対応が取れないことになります。

しかし、オフィス内に専門知識を有する人材がいなくても、他ジャンルのビジネスを請け負うことができる会社も多くなっています。これはオフィスの中で翻訳スタッフを抱えるのではなく、ニーズに合う翻訳が可能になるアウトソースを行っているためです。翻訳の言語の中心は英語になりますが、依頼を受ける言語は英語のみならず、フランス語やイタリア語、ドイツ語などのケースもあり様々です。

ジャンル毎、言語毎に翻訳スタッフを揃えるとなれば、かなりの大所帯になりがちです。しかし、アウトソースを行えばオフィス内には数名のコーディネーターで対応が取れるようになりますし、得意領域を持つ翻訳者を数多くアウトソースしておくことはニーズに合うビジネスができるメリットにも繋がるわけです。実際、多くの翻訳会社が翻訳スタッフを募集しているので、これは得意だと感じるジャンルがある人は応募がお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *