ビジネスで、オフィスで利用したい翻訳会社

訪日観光客の増加により、いままでは日本語だけの表記対応でよかったものが、英語だけでなく、中国語、韓国語の表記が求められています。

また、政府の推し進める経済連携により、オフィスでも多言語対応が迫られています。多言語表記せねばならないとき、翻訳を請け負ってくれくれるのが翻訳会社です。国際化が叫ばれるビジネスにおいて力強い味方です。翻訳会社と一言でいっても、それぞれの会社において、対応言語の違いは当然あります。英語、中国語、韓国語だけでなくロシア語、ベトナム語、インドネシア語や聞いたこともない言語の翻訳を請け負ってくれる会社もあります。

また、例えば、繊維関係が得意なオフィス、機械関係が専門の会社など翻訳会社の個性もあります。よきビジネスパートナーとして発注するためには、その会社の得意分野もリサーチしてから注文しなければならないと心得てください。特殊な分野であるならば、資料をあらかじめ渡しておけば、誤解や意訳のないように翻訳してくれます。プロフェッショナル集団なので、下準備にも余念がありません。気になるのが料金ですが、日本語に翻訳したときの文字数で請求されます。

ただし、翻訳会社によっては、基本料金が設定されていて、最低文字数を超えた時に文字数が加算されて請求されるオフィスもありますので、会社ごとに見積を取り発注をすればよいですね。多言語から日本語、日本語から多言語に置き換えてもらうだけでなく、ビジネスチャンスを逃さない翻訳をしてもらわねばなりません。そのために、翻訳会社との信頼構築も重要なポイントとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *