いろんな種類がある翻訳会社

翻訳会社は、何らかの翻訳を行うのが業務内容ですが、種類があります。

まずは産業翻訳です。これは、会社の活動において必要となる翻訳全般を請け負っている翻訳会社です。例えば企業のホームページの翻訳を担当することもありますし、契約書などの翻訳をすることもあります。そして、出版翻訳という分野もあります。こちらはその名の通り、多言語の本を出版する目的で翻訳している翻訳会社です。最後には映像翻訳です。

これは映画の字幕の作成や葺き替えの台本の作成をするなど、映像の言語にかかわる翻訳をしています。このように、いろんな分野があるため、依頼をするにあたってはそれぞれに適した会社を選ぶのがベストです。

もちろん、これらをトータルに扱っている会社もありますが、小さなところでは特定の分野に強いということもあります。餅は餅屋なので、強みとしている会社に依頼することで、満足できる翻訳サービスを利用することが可能になります。

最近は、クラウドソーシングの発達により、必ずしも翻訳会社を通さなくてもフリーランスの方に依頼をすることが可能です。ただ、個人に依頼した場合、対応の良し悪しは個人で活動しているのでばらつきがありますし、信頼性という点においては個人は邦人に比べると翻訳以外の点で不安も残ります。企業は複数の人間で運営されているため、連絡がつかなくなるといったこともありませんし、担当者と相談も容易なので、安心して任せることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *