翻訳会社の仕事内容について

翻訳会社のサービスは、依頼された文章を依頼された言語に翻訳することです。

そのため、翻訳者は必要な人材として翻訳会社には多数在籍していることになります。しかし、その翻訳サービスを提供するためには、様々な人材を必要とするわけで合って、すべてが翻訳者として在籍しているわけではありません。例えば、依頼を受けて文章のチェックを行って見積もりを作成する人や、営業活動を行う人材なども必要となります。翻訳会社に翻訳者として働きたくて入社しても、必ずしも翻訳作業を担当できるとは限らない点には注意が必要です。

翻訳のチェックといったサポート側の仕事をやることになる場合もあります。ただし、希望する場合は段階を踏んで翻訳作業もやらせてもらえる可能性はあります。したがって、どうしても翻訳をやりたいというのであれば、積極的に希望を伝え、現在与えられている仕事をまじめにこなすなどして、やる気をアピールするのがおすすめです。どうしてもすぐに翻訳を始めたい場合、フリーランスで活動するという選択肢もあります。

翻訳会社に勤めた場合はそれぞれに役割が与えられるので自分がやりたいことを必ずしもできませんが、フリーランスなら自分が主役なので、翻訳を行うことができます。ただし、フリーランスは自分で仕事を取ってこなければなりませんし、収入も仕事量が直接影響するので安定しません。したがって、ある程度経験を積んで業界の仕組みを理解してから独立したほうが良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *