英語以外の言語はどこの翻訳会社へ依頼する?

今や翻訳アプリで、英語ならばある程度の文章を訳すことができる時代となりました。

もちろん、細かいニュアンスや言い回しまでサポ-トされている訳ではありませんが、少し日本語を補足することで不自然ではない日本語に訳すことは十分可能です。しかしながら、英語以外の言語となると言語によってはまだまだ自動翻訳ではおぼつかない部分が多く、ビジネス文書ともなると、ほとんどの場合翻訳会社に依頼することになります。では、数ある翻訳会社の中から、どのような基準で依頼する会社を選べば良いのでしょうか。

英語以外の言語となると、まずはその言語を専門に扱っている翻訳会社がないか調べてみましょう。訳す機会が少ない言語であればあるほど専門で扱っているところは少なくなるかもしれませんが、見つからなかった場合には専門ではないにしろ、取り扱いの経験があるかないかということをチェックしてください。そして、取り扱いがあるということでしたら、過去に扱った文章を見せてもらえるか問い合わせてみてください。機密分でない限りサンプルとして見せてくれるので、その文章の出来具合で大体の印象が把握できるはずです。

そして、もうひとつ重要なチェックポイントは、その翻訳会社ではネイティブチェックができるかどうかということです。あまり使われていない言語の翻訳ではネイティブチェックは欠かすことができない仕上げのポイントです。たとえ会社に在中していなかったとしても、ネイティブに目を通してもらえる環境ならば依頼先の候補のひとつとしてしても問題がないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *