翻訳サービスのコストに関係する要素について

翻訳サービスは一般的に知られているコーディネーター系と、クラウドソーシングなどのオンライ系の2つがあり、コスト面では経費が掛からないオンライン系の方に強みがあるとされています。

一方、どちらも翻訳者に依頼をすることに変わりはなく、発注をする際にはどのような要素がコストに大きく関係するのか理解をしておく必要があります。翻訳サービスのコストには主に5つの要素が関係しており、翻訳言語・納期・ボリューム・専門性・要求レベルが該当します。

まず翻訳言語では地域など特殊性があれば翻訳者数が限られるなどコストに反映することになり、例えば、同じ英語でも米国・英国、スペイン語であれば南米・本国といったように異なるケースがあることを考慮しておく必要があります。また、翻訳会社によって得意分野が異なることもあり、希望する言語ペアも含め、事前に確認をしておくことが大切です。

翻訳サービスの依頼では希望納期を明確にしておく必要があります。翻訳会社では納期に関してプランを設けているケースもあり、短期を希望した場合ではその分コストが生じてきます。ボリュームに関して、例えば文章翻訳であれば文字数と単語数が該当します。通常、ここでの数字を基に料金が算定されボリュームが多ければ多いほどコストに反映することになります。翻訳言語の要素同様に翻訳者数が限られてくるのが専門性と要求レベルです。

特に専門性では翻訳者にも相応の知識や経験が求められ、具体例としては医療や技術、契約書や法律文書関連、特許関連などの文章が該当します。専門性の高さはコストにも反映することになり、依頼する際にはコストと共に、翻訳会社の実績等をよく確認をすることが大切なポイントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *