翻訳会社のコーディネーターの仕事内容について

翻訳会社の中には必ず翻訳コーディネーターと呼ぶ肩書を持つ人が在籍しています。

単にコーディネーターとも呼びますが、この職業は翻訳が完成するまでの一連の流れをコーディネートする役割を持つもので、翻訳会社に仕事の依頼をした時には必ず打合せの場に登場することになります。翻訳会社の中には社内だけでなく日本国内や全世界に翻訳スタッフが在籍している会社もあり、コーディネーターは登録スタッフへの仕事の割り振りを考えるなどの仕事もあります。

翻訳原稿を読んだ時に、一番品質が高い翻訳者は誰になるのか、ページ数が多い場合などでは数名で1つの仕事を指定納期まで完成させることもあるため、翻訳スタッフのスケジュール管理なども重要な仕事になって来るわけです。ちなみに、中国語などの場合、中国語での表記法が決まっていない単語が多数ある、こうした単語をどうすれば良いのかを考えることも仕事の一つになっているのです。

元原稿がディスカッションなどの場合、雰囲気が口語的に訳した方が伝わりやすいケースもあり、ディスカッションで話をしている人と同年代の翻訳者を選んだ方が、細かなニュアンスが伝わる訳文になるなどのノウハウも必要です。さらに、翻訳の品質を高めるためにはネイティブチェッカーなどの専門家を選び、訳されたものを一通りチェックして貰うことも多数ありますが、誰を選ぶのか、どこまでチェックを行うのかなどの判断も翻訳会社のコーディネーターの役割です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *