機械翻訳による翻訳サービスの背景

翻訳サービスの中で人が行わない機械翻訳は言語翻訳が可能であり、かつて(1970年代後半)は単語データベースを使い翻訳(ルールベース翻訳)するものが一般的でした。

これはデータに含まれる各言語ごとの文法にもとづいて翻訳するので、単語の並びによっては意味が違うものになり欠点がありました。しかし現代のものでは統計による翻訳サービスが多くを占めるようになっています。この背景には、まずこの方法による翻訳ソフトがフリーで公開され誰でも使うことが可能になった点と、この翻訳の仕組みが対訳データから学ぶものでルールベース翻訳よりより人間の翻訳に近い形になったことが挙げられます。

それだけではなく、インターネットの登場によって大量の対訳データが流通して行ったため、コンピュータの精度も上がって高速処理を行えるようになった事が、機械翻訳による翻訳サービスが利用されることが多くなった点です。またジャンルの翻訳で非常にメジャーとされる企業が新たなる仕組みとして、人間の脳をモデルとしたコンピュータシステムで、ニューラルネットワークを基礎とした翻訳により非常に精度が高い作りになっており、過去に組み合わされた事例がないものでも翻訳が出来ると行ったものになりました。

また、ニューラル機械翻訳の仕組みはブログで解説されており、さらに翻訳サービス会社以外の企業のバーチャルアシスタントも導入を発表しており、翻訳以外でも人工知能(AI)研究にさらなる進歩をしていくとされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *