それでもあなたは翻訳サービスを使いますか?

翻訳サービスって便利です。

でもあなたは本当に翻訳サービスを使って会話をすることが目的ですか、翻訳サービスを使う場面っていうのは大体の場合は海外の人とコミュニケーションをとりたいけどお互いの言語が食い違う場合です。しかし翻訳のサービスはあくまで機械で処理された言葉です。これを使わない方がいい理由を紹介しようと思います。

まず1つ目にコミュニケーションは言葉だけでなくジェスチャーでも伝え合うことができるからです。人が伝えたい事というのは意外にも言葉より顔や身振り手振りに現れるんです。つまり人は、会話をしている時にお互いの表情を読み取ってコミュニケーションを取っているのです。実際によく子供の頃に先生に相手の目を見て話しなさい、相手の顔をよく見て話を聞きなさい、しっかりと体で表現しなさいと言われたりします。これを機械に任せてしまうともちろん相手の表情を読み取ることはできません。

SNSも相手の表情が見えないから恐ろしいのです。二つ目に翻訳サービスを使うと自分も相手もあまり、コミュニケーションを学ぶことができないからです。なので現代の人はコミュ障と呼ばれる人が多く存在しています。ではどうすればいいのでしょう、それは簡単です、しっかりと表情を豊かにして相手と会話をすればいいのです。そうすることによって言葉は伝わらなくても相手の言いたいことは伝わるはずです。さあ、外国人の人を見つけて会話に挑んで見ましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *