翻訳サービスは翻訳会社の営業年数もチェック

翻訳サービスを利用する際には、どのような内容のものを翻訳したいのかによって発注をお願いする企業は変わってきます。

翻訳はその道のプロが在籍する翻訳会社にお願いをしなければ思うような翻訳が出来ない場合があります。最近はフリーで活躍する翻訳家の方もいますが、会社で依頼をする際には翻訳チェックなどダブルチェック機能が働いていなかったり、内容に誤りがあった際の保証や納期の保証を考えると会社での利用は控えた方が無難な場合もあります。個人で利用する場合は知りたい本の内容を訳してもらったり、メールの翻訳など対個人での利用では利用価値がありますが、法律知識も問われるような契約書、請求書、設計書はプロの翻訳家が在籍する翻訳会社を選ぶ方が良いでしょう。

翻訳サービスを利用する際に気になるのは料金と納期です。会社で発注をする以上、当然のことながら取引先への提出資料など相手があることをお願いすることになりますので、納期の遅れは信用問題に繋がってしまいます。納期はゆとりをもって組まれてるか、また万が一納期に間に合わないような場合にはどのような保証があるのかについては事前に確認しておきましょう。納期に間に合わないというのは翻訳会社にとっても大きな信用を失う原因になります。

そのため、長期的にクライアントがつかなくなってしまうので、翻訳作業をお願いする前にどのくらい翻訳会社が営業を続けているのか営業年数も良い翻訳サービスを提供するかどうかを見極めるポイントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *