どんな翻訳サービスがあるか

仕事などで翻訳が必要な場合、誰に頼んだらいいのか困ることがあります。

社内や身内に翻訳ができる人がいる場合はいいですが、そうでない場合は翻訳サービスに頼ることになります。さて、翻訳サービスを利用することが決まったところで、どのような種類の翻訳サービスがあるかということは、普段サービスを利用されない方にはよくわからないところがあるでしょう。大きく分けると、市内や近隣にある翻訳会社へ発注する方法と、ネットで発注する方法です。前者は、細かい打ち合わせなどができること、翻訳が仕上がってからの手直しの対応も素早い事などのメリットがあります。

翻訳料金もある程度勉強してくれることがある場合もありますし、翻訳後、ネイティブのチェックを入れるかどうか、など細かく話し合うこともできるという安心感があります。大抵の場合は、翻訳もチェッカーも一人の担当者が最初から最後まで仕事を請け負うため、話が通じやすいというのも大きなメリットです。速さや安さを優先させる場合はネットの方が良い場合もあります。

ネットですから、世界のどこにいる翻訳者も使えるということで、分量にもよりますが、日本が夜になる時間に海外に暮らす翻訳者がスピーディーに作業を終わらせてくれる場合があります。注意が必要なのは翻訳が仕上がった後のアフターサービスがしっかりしているかどうか、同じ翻訳者が最後まで対応してくれるかどうか、です。ご自身のニーズに合わせて、最適なサービスを見極めることが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *