機械よりもプロの翻訳サービスを

国同士を隔てるものとして、一番悩ましいのは言葉の壁に他なりません。

言語を無理矢理統一するようなこともできないため翻訳サービスというものは古来から行われていました。たとえば遣唐使の昔から同様のスキルは重宝されましたし、鎖国時代にも政府直轄の通訳が活躍しています。時代が下るとグローバル化が進んだこともあり重要度は年々上がり続けているのが実情です。世界共通語ともいえる英語はもちろんのこと、最大規模の市場を背景に中国語も需要が高まっています。また日本のサブカルチャーが発端となって海外から翻訳サービスを求められることも珍しくありません。

専門家の領域だった通訳業務も、IT技術の発展に伴って新たな変化を起こしています。その最たるものがインターネットを介して行われる機械式の翻訳サービスです。検索サイトなどが手動として行っている施策で、文章を打ち込むだけで自動的に変換されます。手軽に使えて無料で利用できるため一般的にも広く活用されるようになりました。

ただ本当に正確な言葉に置き換えられているかを判断する術が無いことも事実です。ビジネスや失敗の許されない通訳においては、依然として専門家による翻訳サービスが欠かせません。よく知られた単語であっても組み合わせによっては全く違う意味に変貌することさえあります。大手新聞でも誤訳による報道で謝罪に追い込まれるなど、問題は中々深刻です。トラブルを未然に防ぐ上でも翻訳サービスはプロフェッショナルに任せることを第一に考えていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *